ニュース

ホーム   事業のご案内   メンバーの紹介   ご依頼の手順およびアクセス  

ABCコンサルティングニュース   事業メニュー   受注実績   お問い合わせ



ABCコンサルティング
ニュース



 年. 月. 日              ニュ ー ス 内 容
2017.1.28 【新聞投稿】
(1)掲載された新聞と題目:
        朝日新聞「私の視点」欄(2017年1月28日朝刊)
        「築地市場、移転の是非 衛生管理考え、豊洲が適当」
(2)内容:
          築地市場移転問題での地下水ベンゼン汚染リスクにつき中央環境審議会化学物質評価専門委員
        としてベンゼン大気環境基準の健康リスク評価に関わったので環境基準の意味、地下水での検出で
        健康影響の可能性はほとんどないことを解説した。築地市場はネズミやハトが容易に出入りし食品テ
        ロの危険性も考えられるが、閉鎖構造と国際的ルール準拠の管理体制が取れる豊洲市場は予防的
        衛生管理に対応可能とした。都は、汚染問題解決への専門家の協力と市場関係者の永年の対応を
        評価し、中小零細市場業者を支援し愛される市場の伝統を尊重すべしと結論した。
(3)著者:関澤 純(Jun Sekizawa)
        NPO法人食品保健科学情報交流協議会理事長、ABCコンサルティング所属

2014.12.27 【学会誌執筆】
(1)掲載された学術雑誌:
        Global Environment Research Vol. 18 No, 1 p57-63 (2014)
        「Invasion of Seawater and Marine Sludge into Arable Land」
(2)内容:
    2011年の東北地方を中心とした大地震と巨大津波は東北地方の農地に海水や海水スラッジ
    による高濃度塩類や重金属汚染をもたらした。
    松本教授は、高濃度塩害汚染の長年の現場研究と指導経験を生かし、直ちに塩害からの対
    策を現場指導し、回復の道を示した。
    その結果を英文の科学雑誌に執筆した。
(3)著者:松本 聡 (Satoshi Matsumoto )現日本土壌協会理事長、ABCコンサルティング所属
(4)別刷り表紙(ここをクリック)

2014.11. 1 【書評】
当ABCコンサルティング所属の奥原正國、田中暉夫が翻訳に参加した本の書評が掲載された。
(1)掲載された学術雑誌
     バイオサイエンスとインダストリー Vol.72、No,6 p.536 (2014)
     (一財)バイオインダストリー協会の機関誌。
(2)内容
        微生物利用の原点である発酵食品から、バイオ技術の基盤である酵素・蛋白、DNA組換え技術、
        さらには最新の細胞科学やES細胞・iPS細胞まで図版を多用して解説し、概観できるようにした。
        研究者のみならず一般の読者にも好適な参考書と紹介された。

2013.10. 【産業交流展2013へ出展】
ABCコンサルティングは、昨年に引き続き、東京都等が主催の産業交流展2013に
出展します。
開催期間:10月30日(水)〜11月1日(金)
出展ブース:東京ビッグサイト西5,6館、環境エリア11番
ABCコンサルティングの実績のほかに組合員が関係する醗酵有機肥料や泥水でも
測定できる酸素濃度計なども展示します。
なお、来場時には、産業交流展2013の公式ホームページから事前登録が便利です。
東京都圏の元気な中小企業の展示が沢山ありますので、どうぞお気軽にお越しくだ
さい。

【産業交流展を振り返って】
「ABCコンサルティングと仲間達」の出展(環境分野)は4回目になりました。
我々は組合員一覧とこれまでの主な受注実績および、翻訳や監修した本などを
展示しました。
仲間の紹介として、組合員が指導した循環型農業を支える有機醗酵肥料が2社、
組合員の子会社の発明品で膜を使わない全く新しい酸素電極の現物も展示しま
した。
自治体の産業振興部門の方々からはこんなブースもあったのかと評価を受け、
具体的活動の話が持ち上がっています。

2013.4. 学会誌執筆
掲載された月刊雑誌 :
    食品衛生学雑誌
    54巻2号89-96頁
内容:
    「福島原発事故後の全国各地での対話から食品の放射性物質汚染問題
    では、事実とその意味を分かりやすく伝えることの大切さについて記した。」
執筆者:
    関澤 純

2012.10.8. [産業交流展2012に出展]
「ABCコンサルティングと仲間達」という内容で、コンサル可能な分野と特徴、
メンバー構成や受注実績と共に、今年はメンバーの活躍している実例展示も
致します。
どうぞご来場ください。
日時:11月20日(火)〜22日(木)
場所:東京ビッグサイトの東2・3ホール
  ブース番号は「環境44」です。
事前登録すれば無料で入場できます。
産業交流展全体は、ここをご覧ください。

2012.6.20. [月刊雑誌に当事業組合が紹介された]
掲載された月刊雑誌 :
    「資源環境対策」(Journal of Resources and Environment)
    2012年、48巻、1月号 p.35-40
内容:
    特集「シルバー世代がもたらすサステナビリティ」に「農芸化学科OB
    によるコンサルティング事業組合活動」が紹介された。
    「資源環境対策」を参照して下さい
2011.9.27. [産業交流展2011に出展]
ABCコンサルティングは、東京都主催の産業交流展2011に出展した。
開 催 日:   10/26(水)、10/27(木)、10/28(金)
場     所:   東京ビッグサイト 東5・6ホール
ブース番号:「環境-55」
2009年にも出展しましたが、メンバー、実績も充実して参りました。
どうぞご来場下さい。
詳細は、産業交流展2001 http://www.sangyo-koryuten.jp/をご覧ください。
2011.4.2. 【食品放射能汚染と健康影響の可能性について取材対応】
各紙(毎日新聞3/21、朝日新聞3/22、読売新聞3/30)の取材に対応した。
各紙に掲載されました要旨は以下の通り。

(1)数値に振り回され無用な買占めや買い控えをすることは、被災者や
   被災地近傍の生産者を苦しめるだけ。
(2)科学的なリスク評価を元にすれば現時点で安全は十分保証されている。
(3)リスクについて消費者に分かりやすい情報を提供する必要がある。

対応者:関澤 純の経歴
   元日本リスク研究学会会長、
   前食品安全委員会リスクコミュニケーション専門調査会座長、
   世界保健機関の国際化学物質安全性プログラムを日本を代表して担当、
   前徳島大学教授

なお、関澤氏が理事長を務めるNPO食品保健科学情報交流協議会(食科協)
でも情報発信を始めた。
放射能汚染した食品の扱いについて(関澤)
食品からの放射能の検出についてどう考えるか?(関澤)
食科協のホームページの緊急情報をご参照ください。
2010.11.15. 【キャリア・コンサルティング協同組合と連携】
ABCコンサルティング代表中村吉宏と東 直樹が、かねて接触を続けていた
キャリア・コンサルティング協同組合(CCK) の事務所を訪問し、相互
の活動内容を説明した。
OBの経験を生かした活動が経済の活性化に有効であるとともに、ABCコン
サルティングの得意分野である農業(A)生物(B)化学(C)とCCKが相互に
補完できる可能性が確認され、今後も連携を重ねていくこととした。

2010.6.4. 【寄稿】
当組合の中村吉宏代表が、「赤門学友会報」に寄稿

掲   載   月   日:
    1.「赤門学友会報」  2010年6月号
    2.「私にとっての東大 次世代に伝えたい。」のコーナー

掲   載   内   容:
    1.「同級生で始めたコンサルティング事業」
    2.「赤門学友会報」を参照して下さい。
2010.6.4. 【雑誌投稿】
当組合メンバーの関澤(元国立医薬品食品衛生研究所化学物質情報部)が、
日本生活協同組合連合会の雑誌に投稿

掲   載   月   日:
    1.雑誌「CO・OP NAVI」  2010年6月号
    2.「商品の安全 目からうろこ」コーナー

掲   載   内   容:
    1.食品添加物の複合作用について、
    2.薬と添加物の違い、
    3.添加物の摂取量はごくわずか、
    4.足し合わせても安全量は超えない、
    5.相乗作用・阻害作用もほぼない、などの解説。
2010.6.4. 【朝日新聞に取材記事が掲載】
当組合の協力アドバイザー手塚千史氏((株)ヴィーゼ代表取締役)が朝日新聞取材を受ける。

掲   載   月   日:
    1.朝日新聞2010年(平成22年)5月30日(日)
    2.生活面「暮らし達人モンジロー」

掲   載   内   容:
    1.精油(アロマオイル)の活用法など
    2.(株)ヴィーゼ
2010.1.25. 【経営支援NPOクラブと連携】
ABCコンサルティングの中村代表及び東組合員が経営支援NPOクラブ 事務所を訪問し、
河島理事及び辻田会員と面談し以下の内容で連携することとした。

面   談   内   容:
    1.双方の活動状況を説明
    2.連携の申し入れをし、承諾された(HPの相互リンク済み)
    3.今後、ABCの事業に協力アドバイザーとして参加してもらうこと及び経営支援NPOクラブの
       プロジェクト案件にABC組合員が参加すること
        (既に経営支援NPOクラブの仲介で講師派遣を決定済み)

経営支援NPOクラブの概要:
    1.設立:2002年6月、三井物産OBを中心に設立
    2.事業開始:栃木県鹿沼商工会議所に人脈があり支援事業開始、徐々に周辺から評判が
       伝わって地域拡大し、全国規模となった。
    3.主事業:中小企業の販路開拓支援
    3.会員:企業OB約160名、年会費:1万円、分野別にグループ化、実質活動人員:約50名
2009.9.18. 【第12回産業交流展2009】に出展
11月4日(水)〜6日(金)東京ビッグサイトで開催された中小企業対象の「産業交流展2009」に、
ABCコンサルティングもブースを1コマ出展。

晴天に恵まれ延べ6.3万人の入場者があり、当ブースにも多くのお客様が来訪。
環境分野に相応しく、ブース全体を森の中というイメージで緑色に統一し、バードウオッチングが
趣味の組合のアソシエートから提供された鳥の写真も展示。

コンサルタントは個人経営が多く、当組合のような農芸化学科出身という複数分野の専門家集団
は少ないことが判明、座して待つのではなく、積極的に他社や自治体等のブースを訪問して情報
交換を行い、今後の営業活動の手がかりをつかむ成果を得た。
2009.07.17. 【寄稿】
「平成21年度 東京大学運動会応援部 赤門鉄声会報」p.22〜24
「六十五歳からの起業顛末記」(担当:中村吉宏)
2009.02.10. 【専門雑誌に紹介記事】
「食品と科学」(52巻p.15、2009.2.10発行)紹介記事
2008.12.30. 【新聞に紹介記事】
日刊工業新聞
「東大OB LLP始動、農芸化学科の10人、専門性を生かし、コンサルティング」
2008.1. 【専門雑誌に紹介記事】
「食科協ニュースレター」(第67号、1月号p.15)
2008.秋 【受賞】
ABCコンサルティング組合員の同級生である上野川修一教授(日本大学生物資源学科)
食品免疫学研究における功績により平成20年度秋の紫綬褒章を受章。
2008.08.01. 【登記】
有限責任組合ABCコンサルティングを法務局渋谷出張所に登記。